身長は遺伝じゃない!身長を伸ばすにはこれが重要!

身長は遺伝じゃない!身長を伸ばすにはこれが重要!

身長が低いからと言って、プロのアスリートなどの特殊な職業の人でもない限りは、人生においてそれほど大した問題が生じるわけではありません。

 

それでも、背が低いことがコンプレックスになっている人や、もっと高ければ別の人生があったカモなどと思ってしまう人もいるでしょう。そういった人たちが、自分の子供も同じような悩みを抱えてしまうのではないかと、心配することは珍しくありません。

 

なぜなら、身長が高くなるか低いままになってしまうかは、遺伝によって決まるという考えが根強いからです。

 

身長の遺伝は20~30%!?

しかし実際のところは、必ずしもそうではありません。

 

遺伝による身長への影響は大体20から30%ほどだと言われているので、親の背が低いからと言って、子供も低くなってしまうというわけではないのです。

 

両親が小さくても身長が高くなる!

つまり、生まれた後の育ち方によっては、背の低い親から生まれた子供でも高くなる可能性はあるということです。

 

確かに私自身も、両親が共に背が低い家の子供が、両親に似ないでとても大きく成長している様子を見たことがあるので、その話には説得力を感じます。

 

20から30%ほどは関係している身長の遺伝の影響をおさえて、子供の身長を伸ばしてあげたいと思うのであれば、そのために重要となることがいくつかあるので、それらについてインプットし、実践することが大事です。

 

身長を伸ばすために重要なこと

 

栄養

身長を伸ばすために代表例としてまず挙げられるのが、毎日の食事を工夫することです。

 

簡単に言えば、成長のために役立つような栄養分を豊富に含んだ食事を摂らせてあげれば良いのです。

 

具体的に言うと、筋肉を作るために不可欠なタンパク質・丈夫な骨を作り上げるために役立つカルシウム、筋肉や骨の成長を促進する働きがあるとされるビタミンD、特に男の子の発育に関わるとされている亜鉛などを含む食材を取り入れると良いでしょう。

 

 

 

運動

ただ単に栄養を取るだけではなく、継続して適度な運動をさせることも重要です。

 

例えば子供が好きなスポーツのチームに入れると、本人が率先して運動を頑張ろうという気持ちになるのでおすすめです。

 

もし運動があまり好きでないのなら、親子で散歩をするなどして、出来るだけ歩く習慣を付けて開けると良いでしょう。

 

睡眠

さらに、しっかりと睡眠をとらせるということも重要です。なぜなら、人間の体内で成長ホルモンが多く分泌されるのは夜眠っている時だからです。

 

夜遅くまでスマホをいじったり、ゲームで遊んだりしないように、生活をきちんと管理してあげることが肝心です。